記事削除

5ちゃんねる・記事削除成功☆

昨日、5ちゃんねる、削除窓口の方からメールが届きました。

数回にわたり、このブログでも話題にしてきた、5ちゃんねるの記事を削除する案件。

なんと成功いたしました。

ありがとうございます。

正直、厳しいかな・・・ と考えていたのですが。こう言った結果になって本当に良かったです。

世の中捨てたもんじゃありません!

詳しくは、また今度書きたいと思います。

 

5ちゃんねるメール削除受付でございます。

今回のご依頼ですが、削除完了いたしました。
この度はお忙しいところご連絡いただきまして、誠にありがとうございました。

5ちゃんねる掲示板 削除依頼メール窓口

 

 

 

5ちゃんねるの記事削除・続

シリーズ4話目です。

前回までのあらすじ

10月はじめ・・・ラインで知人から相談を受ける。話を聞いて、実際の記事を確認してみたら、個人情報がダダ漏れだったので、これは酷いと思った。

5ちゃんねるの削除ガイドラインなるものを、確認してみたところ、十分の消せると考えたので、成功報酬で引き受けた。

前提知識としてお知らせします。まずこの削除ガイドラインを読み取り、内容を理解することが、とても難解です。

最初の相談から、数日後、一回目の削除要請を行う。
更に1週間くらいが経過したのち、5ちゃんねる、削除人さんから、返信を受ける。

ここまでが、今までのあらすじです。



その後なのですが、【5ちゃんねる】の、一般削除要請のスレッドに書き込み依頼を試みる。
これが、また大変でした。

受付はフォームからしか、受けつかないシステムになっており。
しかし、このフォームの入力に、とても手こずる。

何度やっても、エラー表示になる。
何度やっても、何度やっても
これで相当時間を消費してしまいました。

その後、よくよく調べると、原因は次のような仮説が有力でした。

【5ちゃんねる】は【2ちゃんねる】から移行して、始まった新しい掲示板サービス。
そのため、【2ちゃんねる】のシステムの移行が全て終了しているわけではなく、対応していないところも多々ある。

つまり、私の、消したいスレッドは、システム移行の対象にはなっていない。

何が言いたいかと言うと、先方のシステム移行が完了しない限り、フォームが正しかろうが、悪かろうが、エラー表示の無限ループの可能性大。

この仮説を得るまでに、メチャメチャ時間がかかった。
【5ちゃんねる】の記事を消す作業は、本当に大変な作業です。

では、一般削除要請への書き込む方法は、閉ざされてしまっているのか?
・・・それは、秘密です。

知りたい人は質問箱から、ご連絡をw

では!

 

関連記事

1話

2話

3話

 

今日はこれから、ブログのカスタムを行います。
最近、全然触れていなかったので!

予定では、ブログランキングに参加します。

 

 

5ちゃんねるの記事削除は大変な作業です。

シリーズ第三弾、記事削除の話の続きです。

第一話

第二話

前回、メールで削除依頼を行ったところ、5ちゃんねるの削除人様からご回答がありました。
内容は、根拠資料を添付してよこせ。

と言った内容でした。


こう来たか、どうしら良いものか。。。

依頼者さんと色々と相談してもこれと言って、記事を消すための根拠となる資料は出てこない。

なぜ消せないのかと聞かれても、私もなんと答えてよいか、言葉が出てこない。

ですが、書かれている方からすれば、話は深刻だ。

そりゃそうだ。俺も勝手にあることないこと、自分を特定できる内容で書かれたら、気が狂ってしまいそうだ。

どうしたものか。。。

この場合、やっぱり法務局へ行った方が良いのではないのかと思っております。

ですが、一つこころあたりのある資料がありますので、それを取り寄せて再度挑戦してみたいと思います。

記事を消すことが成功しいましたらら、その取り寄せた資料も、ブログでお伝えしたいと思います。

今後の戦略は
①一般の削除申し立てを行う。
②根拠資料を取り寄せて、もう一度メールでの削除要請を行う。
③ここまで来たら、もう私にできることはないので、法務局へステージ変更ですね。

ひとまず、頑張っております。
ネットの記事を消す作業は、大変です。

自分のことを書くな、消せって言うことは
本人確認資料で十分だと、私は思います。

なぜに掲示板の管理人が消すかどうかを判断するんでしょうか?
理解不能ですね。

本人が消してくれと言えば、原則消すべきではないのでしょうか?
ネット上の記事を消すための根拠資料とやらの理解に苦しむ仕事です。

5ちゃんねるの記事削除は大変な作業です。
本当、他人のことを、むやみに書くのはやめましょう。

それが楽しいとか、気持ち悪いです。

では!

5ちゃんねる記事削除

前回の話の続きです。

2ちゃんねるの記事を削除したいと言った話し。

前回の記事

 

前提知識として、「2ちゃんねる」は「5ちゃんねる」になりました。

なので、2ちゃんねるの記事を削除するためには、5ちゃんねるの削除要請の窓口に相談することになります。


記事の削除要請は、3パターン存在しております。

 

  1. メールにての削除要請
    対象は「個人名情報(個人名、住所、所属等々)」「差別・蔑視」になります。
  2. 一般の削除要請
    こちらは、掲示板を見て問題であると思われるもの(いわゆる通報の窓口)
  3. 削除整理板
    それ以外の削除要請です。

 

今回の案件は、個人情報と私生活情報が書かれいます。知っている人が見れば、個人の特定は容易である記事となっております。

ですので1番を選択し、メールによる削除要請を行いました。

メールの内容は

 

  1. 個人が特定される情報が書かれている。
  2. 私生活情報を書かれたら甚だ迷惑だ。
  3. 削除ガイドラインを読むと、そう言った内容の記事は削除対象だと書いてある。
  4. なので、削除をお願いします。

 

と言った具合に、削除窓口にメールで依頼する。

ここにはポイントがあって、次の確認資料をメールに添付しなければいけません。

  1. 本人確認資料
  2. 削除根拠となる資料

a.については問題ありません。依頼人の運転免許証の写しを添付いたします。問題はb.です。

依頼人とも何か資料がないか話し合いを行いましたが、これと言ってめぼしいものが思いつかなかったので、b.は添付せずにメールを送信しました。

反応を見て、また違う方法を考えたいと思います。

では!

 

 

 

 

2ちゃんねるの記事削除

お世話になっております。

会津若松市、許認可専門店、筍事務所
ネトウヨ系行政書士、大竹です。

2ちゃんねるの記事削除の相談を受けました。

今回の件は、個人が特定できる書き込みがあり、その記事を消したいとの話です。

少し調べてみると、2ちゃんねるは、表現の自由を最大限尊重したいといった精神を持っているようです。簡単な記事一つ消すにも、なかなか複雑なガイドラインを読み込まなければなりません。

そのガイドラインが、また読みにくい。

斜め読み程度では、まったく意味を読み取れません。見る人が見れば、簡単な話なのでしょうが、日頃、ネット掲示板等を利用しない人からすれば、挫折することお墨付きです。

今後、掲示板等に書き込みをされる方は、よく考えて書き込みをしましょう。

掲示板に書き込むことは簡単でも、消すのことは意外と面倒くさいのです。他人のことを書くときは、本人が特定されないように、気を付けて下さい。

書かれた方は、とても迷惑です。

さてさて、そのガイドラインを、何度か読見込んでみると、削除するには何パターンか方法があるようです。一番、手っ取り早そうなことが、裁判所から仮処分をもらってくることかな・・・

と思いながら読んでいます。この場合、行政書士の仕事を逸脱しますので、お客さんに頑張ってもらうしかありません。

ひとまず、あれこれ方法を探しております。記事を消すことが出来たら、またご報告いたします。

ちなみに「2ちゃんねる」は「5ちゃんねる」になったようです。