行政書士

最近の動向

この頃、なんか変だ。なんか変だと。感じていました。

何って、そんなまさかーと思っていましたが...

俺、今忙しいことに気づきました。

今年から、行政書士として本格的に動いてきた訳ですが、11月末から色々な案件が動き出したこと、問い合わせや相談などが増えてきていること。

夏場なんかは、超のんびりやっていて、あれくらいが丁度いいと思っていたのですが、これはこれは、更に忙しくなりそうな気配があります。

やること書きだして、見てみると。。。気持ち悪くなった(笑)

 

 

 

今日何を伝えたいかというと、努力と成果にはタイムラグがあると言う事。

起業家ならどこかで聞いたことあることですよね。

体感的にこれは、本当のことだと思う。

 

忙しいと言っていますが、まだまだ余裕がありますので、遠慮しないで電話してきてくださいねー!

けど、冷やかしはやめて下さいよー。

 

 

 

 

住宅セーフティネット制度(その10)

こんにちは、ブログを読んで下さいまして、ありがとうございます。
会津若松市、ガテン系行政書士、大竹です。

前回は、【住宅セーフティネット制度】の【家賃債務】について書きました。
今回は、【登録手続】について書きたいと思います。

登録手続きはとても簡単です。
セーフティネット住宅情報システムから、申請書をダウンロードして
必要事項を記載するだけのようです。

申請

添付資料てして、別紙も数枚か書かなければいけないようでようですが、申請書をダウンロードするときに一緒に、ひな形もついてきますので、難しい話ではなさそうです。

では、その申請書のダウンロード先のURLを貼っておきます。
https://www.safetynet-jutaku.jp/guest/system.php

 

編集後記

住宅セーフティネット制度について、計10回書いてきました。
これは、自分の研究も兼ねて行ってきました。

多分、読み苦しいところもあったかと思いますが、お付き合いしていただいた、読者には感謝です。

私が、今回、住宅セーフティネット制度を一通り勉強し、感じたことは、とても社会意義のあるインフラ投資だと思います。

リスクバランスも分散されており、社会的弱者な【住宅確保要配慮者】の救済を目的としている点、その対策として、空き家のオーナーを動かすと言った点。

とても良く考えられた制度設計だと思います。

そして、これから本格的な運用となっていくことになるのですが、ここからは、我々プレーヤーがこの制度を活かすことが出来るのかが、とても重要です。

私としては、住宅改修をいかに乗り切るかが重要なところになっていると考えております。そういったところを、行政書士として、オーナーと一緒に考え、ご提案し、オーナーの心を動かし、この制度を地域貢献へ活用していきたいと思います。

本当に素晴らしい制度です。ワクワクしております。

今後も、まだまだ住宅セーフティネットについては書き続けていきたいと思います。

ひとまず。住宅セーフティネットシリーズは今回で終了です。
最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。

 

我が国、日本は、必ず明るい未来が待っています。

では!

 

 

チラシ納品

先日チラシが届きました!

300部

今年中に配れるかな・・・(^^;

男子たるもの
いや、配ってしまわなければなるまい。

それと年賀状の準備しなきゃね。

それは、大切な、大切な、お客様台帳のお手入れを意味するのであーる。

 

住宅セーフティネット制度(その2)

こんにちは、会津若松市、行政書士の大竹です。
前回は、【住宅確保要配慮者】について、ザックリ書きました。

ここで、おさらいとして【住宅確保要配慮者】の定義を明確にします。
国土交通省の資料では【住宅確保要配慮者】を次のように定義しております。

〇高齢者
〇子育て世帯
〇低所得者
〇障碍者
〇被災者
〇などなど

では、その【住宅確保要配慮者】の状況を見てみます。
これも国土交通省の試算を参考にしております。

①高齢者単身者が今後10年で100万人増加する。このうち民間賃貸住宅入居者22万人。

②若年層の収入は、ピーク時から1割減少している。30歳代平均年収:平成9年474万円 ⇒ 平成27年416万円▲12%

③一人親世帯の収入は、夫婦世帯の43%。平成26年データ:一人親世帯296万円、夫婦親子世帯688万円

以上、【住宅確保要配慮者】は①~③の状況に置かれている方が多く、満足のいく住宅の確保が難しいようです。

では、私なりに解説したいと思います。

①について

これは、少し読み取ることが難しいです。これから高齢者が増える。これはOK。

次の文言は、これから増える高齢者のうち、22%が、現在、賃貸住宅に住んでいると言うことですよね。

だから何? と思うのですが。

考えられるのことは、今の賃貸住宅は高齢者向きではない。なので、高齢者向きの賃貸住宅を用意する必要がある。そういう解釈だと思います。

そうだとすると、この制度で、その高齢者向き賃貸住宅への設備投資を補助すると言った話に繋がりそうです。

②について

現在の若年層、主に30代は、いわゆる就職氷河期世代。この貧困化と言うのはどうにかしてほしい。ちょうど政策の谷間に入って、非正規社員の真っただ中。

正社員になることが夢です。と言うのを本気で言っていた時代です。そう何せ、私はその時代の人間です。

我々世代は、昨今、言われている人手不足と言う現実は、まったく想像できないと思います。私も正直、想像できておりません。

この世代は、親と同居とか、兄弟と同居が本当に多い世代です。正に負け組、勝ち組といった分けられ方をされた世代です。

私もこの制度を使って、これらの世代の力になれるのならば、喜んで行います。

③について

一人親世帯。これも力になってあげたい。

私は独身なので、子供がいません。ですが、アニキには子供が3人いて、その子育ては本当に大変そうです。

友達もみんな、子育て真っ盛りの年代なもので、友達の話などを伺っていても、大変そうです。離婚して一人で子供を育てている友達もたくさん知っております。

夫婦で子育てをしても大変なのに、一人親となれば、大変の極めだと思います。しかも子供が小さいと仕事に迷惑がかかると言うことで、なかなか仕事選びも苦労すると言った話を聞いたことがあります。

②、③は私と同じ世代なので、この制度の情報を、彼等、彼女等に伝えることで、何か世の中の役に立てなら、今すぐに動き出したいばかりですね。

まとめ

【住宅確保要配慮者】の状況をみて、思うことは、この制度は期待できる制度なのではないか?そういった気持ちになります。なぜなら、対象が私の同世代になっているので、タダの他人事には思えません。

住宅問題に関わっていくことは、私自身、大家業をもやっているので、何一つ抵抗もありません。こういった経験と行政書士としての知識が、①、②、③の方々のお力になれるのならば、私は突き進むしかありませんね。

続く・・・

 

 

投稿について

お世話になっております。

会津若松市、許認可専門、行政書士
筍事務所の大竹です。

ブログの更新が最近途絶えておりました。

と言うのは、日常業務が、おめでたなことで、まぁまぁ忙しいことと
ブログを書くのにも、何かうまい事書かなきゃなー、とか考えていたからです。

ですが、最近、他の行政書士さんのブログを見るようになって
結構、みなさんゆる~く書かれていることが分かりました。

チョット私は方に力が入りすぎていたような気がします。
今後は、私ももっとゆる~く書いて、続けていきたいと思います。

継続は力なり!

この言葉は、本当のことだと思います。

では!

 

 

 

是非、質問してください。

質問コーナーを設置しました。

上段の、グローバルメニューを見て下さい。
【質問する】と言った項目が増えております。

はい。そこをクリックしていただくと、質問コーナーのページが開き、弊所に質問ができます。下のお姉さんをクリックしても質問コーナーのページが開きます。

是非ご利用ください。

【ご利用について】
質問は【質問コーナー】からお願いいたします。
頂いた質問には、誠実に対応いたしております。
誹謗中傷および冷やかしなどにはお応えいたしかねますので、ご容赦ください。



プライバシーポリシー

行政書士筍事務所は、お客様のプライバシー・個人情報及び業務上知り得た秘密などを保護することは、弊所が事業活動を行う上での責務と考えております。

当ブログからのご質問・お問い合わせ・メール・電話・その他のコンタクト方法を問わず、お客様から明示された特定の個人を識別できる情報(以下【個人情報】)について下記の通り取り扱うものとします。

 

〇個人情報とはお客様を識別できる情報のことで、氏名、住所、電話番号、メールアドレスなどをいいます。

〇弊所が個人情報を収集する場合は、収集目的を明らかにし、必要な範囲の個人情報を収集いたします。

〇弊所は取得した個人情報について適切な管理に努めるとともに、個人情報の漏洩、改ざん、不正な侵入の防止に努めます。

〇弊所は取得した個人情報を次の各項の場合を除いて、原則として第三者に提供、開示などいたしません。

①法律上照会権限を有する者から書面による正式な協力要請
照会があった場合

②お客様の同意があった場合

〇お客様が、ご自身の個人情報について照会、修正などを希望される場合には、弊所が定める方法によりお客様が、ご本人であることを確認させていただきます。

〇弊所は、弊所が保有する個人情報に関して適用される日本の法令、その他規範を遵守するとともに、本ポリシーの内容を適宜見直し、その改善に努めます。

 

 

平成29年10月制定

 

 

 

グーグルアナリティクスを装備

お世話になっております。

会津若松市、許認可専門店、行政書士筍事務所
WEBマーケティング系行政書士の大竹です。

今日は、ブログにグーグルアナティクスを設置しました。これでアクセス解析ができます。

情報ソースは下記のサイトよりどうぞ。

めっちゃ簡単!WordPressでGoogleアナリティクスの設定方法

 

HTMLの知識でHEADとBODYの違いが分からない方は、コードを打つより、プラグインをすることをお勧めします。

プラグインの良いところは、なんと言っても時短です。分からないことをやるときは、あまり専門的な領域には触れず、ドンドン進むことが肝心です。

ちなみに私は、HTMLとCSSの知識を少しかじっているので、コードを打ちました。でもこの場合は、 IconicOneのテーマがアップデートするときに、エラーを起こしてしまうのかなと思っています。

さて、そのアクセス解析のグーグルアナティクスですが、WEBマーケティングの肝心要の、検索ワードを調べることが出来ないようです。

ですが、近いことはできます。それは、見られたページから推測をめぐらすと言った、超高等技術。

情報ソースは下になります。

 

ちなみに、私は挫折。ウチのブログは、たいしてアクセス数もありませんので、この方法では、いわゆる労働対効果が合いませんね。

専門屋さんが言うには、今後、キーワードを使ったSEO対策は難しくなっていくだろうとのことです。SEO対策はWEB屋さんからしてみれば、我々で言う条文のようなものですね。

もうちょっと平たく言えば、制度設計。慣れてきたころには改正や規制強化。

プレーヤーと設計者のキャッチボール。悪く言えばイタチこっこ。

では!

 

 

 

ブログ設置

ひとまず、昨日、ブログを設置しました。

目的は、私の行政書士ブランドである「筍事務所」を知っていただくための情報発信ツールとして使っていく予定です。

とは言っても、力まず適当にやっていきますので、若干ダラダラするかもしれませんが、それも私なのでご容認いただきたいと思っております。

無理や無茶をすると長続きしませんので、何事も続けることが大事。続けるにはどうするべきかを考えて、物事を決めていきたい。そういう思想を持っています。

しばらくの間は、このブログのデザイン作業などが、現在、私にとってホットな話題なので、こういったことを書いていくことになると思います。

兎にも角にも、低資本、弱小行政書士はやることがいっぱいです。営業活動、実務や調査。何よりも我々は情報が商品ですので情報収集。つまりお勉強もしなければなりません。

力をつけて、仕事も安定的に受注を受けることができれば、行政書士は本当に魅力的な仕事だと思いますが、そうなるまでに道は険しいです。

これから、行政書士試験を受験して一旗揚げようと考えていらっしゃる人は、少し思いとどまるようにアドバイスします。私は始めてしまったので待ったなし!

死ぬか生きるか、やるっきゃないっしょ!

取り急ぎ、今日はブログのフォントサイズを変更。

 

p{

font-size:1.2em

}

 

では!

 

 

 

ブログ開始です。

許認可専門店。筍事務所の行政書士、大竹勇雄です。

会津若松市では、ガテン系行政書士として売り出し中です。

さてさて、今日からブログ開始です。

何かのご縁で、ブログにいらして下さったお客さんに、少しでも私の人となりをみていただきたいと考えています。

特に色気を出すこともなく、書きたいことをダラダラと書いていく日々になると思います。力まず適当に続けていきたいと思います。

続けることが一番大事で、難しいのです。

続けていれば、必ず少しは世の中の役に立つのではないかと考えています。

まー。早速何のこっちゃ! と言う話になりましたが、よろしくお願いいたします。

 

では!