ワードプレス

見出しカスタム

お世話になっております。

会津若松市、許認可専門店、筍事務所
ワードプレス系行政書士、大竹です。

今日は、ブログの投稿する際の見出しをカスタムしました。

 

見出し1

変更ありません。

 

見出し2

h2{
display: inline-block;
border-bottom: solid 3px #68be8d;
font-size:1.4em
}

 

見出し3

h3{
padding: 0.25em 0.5em;
font-size:1.4em
background: transparent;
border-left: solid 5px #68be8d;
}

 

です。

 

あれ?

おかしい。フォントサイズが大きくならない。なんでだろ?

ま、いいや。今度時間があるときに調査したいと思います

 

今日の情報ソースはこちら

WordPressの見出しデザインを自由にカスタマイズする方法

 

CSSのコピペだけ!おしゃれな見出しのデザイン例まとめ68選

 

【CSS】borderの長さを調整する方法3つ:文字に応じて可変など

 

それと色の見本はこちらを参考にいつも決めています。

 

ウチのブログはワードプレスのカスタマイズ応援してます。

では!

 

 

 

トップに戻るボタン

お世話になっております。

会津若松市、許認可専門店、行政書士筍事務所
ワードプレスカスタム系行政書士、大竹です。

今日は、ページ右下に、ページトップに戻るボタンをセットしました。

 

何ら難しいことはありません。

いつも通り便利な機能をプラグインしてお終りです。設定の仕方も、見れば分かると言うほどシンプルで最高です。

情報ソースはこちらになります。

スクロールで上に戻るボタンが簡単に追加できるプラグイン「Scroll Back to Top」

 

このブログは、私にとって2つ目のウェブサイトになります。初めて作ったのは、建設業許可専門サイトです。

リンクは ⇒ こちら

2回目となると、色々な緩急が分かってきて、サクサク作業が進みます。

何事も最初の一歩が大変なんです。2歩目、3歩目はたいしたことありません。

自分でウェブサイトを構築することは、行政書士を始めたころから考えていました。

それは、作ったら最後。一切更新しないホームページにしたくなかったからです。ウェブマーケティングに詳しくはありませんが、当時から私は、ホームページは作ってから大事だと考えていました。

それが、業者に発注すると、チョット変更するだけで、数千円取られます。さらに、管理してやっていると言った名目で、月々ランニングコストも掛かります。

弱小資本行政書士は、あっと言う間にご破算です。

ですが、やっぱりプロの技術は素晴らしいです。早く外注できるほど稼がなければなりません。

知れば知るほど、そう思います。

では!

 

 

 

ブログ×ホームページ

お世話になっております。

会津若松市、許認可専門店、行政書士筍事務所
ブログカスタム系行政書士、大竹です。

祈願のブログとホームページの連携が完了しました。ブログ設置当初から、これがやりたかった。

行った手順は以下の通り

  1. ホームページのグローバルメニューにカスタムリンクを作成し、許認可放浪記と繋ぐ
  2. ホームページのサイドバーにブログのRSSを表示

 

 

このとき少し苦労したのが、グローバルメニューのリンク先を、新しいタブやウィンドウで表示させる方法

はじめCSSでやれると考えて調べてみると、そう言ったCSSは存在しないらしく、HTMLで行うことが定番と分かった。

次にHTMLのコードを調べる。

しかし、今度はどこに書き込めばよいか分かりません。ディベロッパーツールで、ここか、ここかと探してもアタリを付けれません。

そこで閃いたのが、ワードプレス独自にそう言った機能がないのか、検索。

やっぱりあった、楽勝です。

方法は簡単。

  1. 管理画面からメニューの設定へ
  2. 画面上の方に表示オプションが隠れていますので、クリック
  3. リンクターゲットにチェックを入れる
  4. するとメニューの項目カスタムリンクの設定に新しいタブで表示するが登場します。

こういう風に文字にすると、難しそうですが、やってみると本当に簡単。

 

 

実に愉快愉快。

情報ソースはこちらになります。

 

そして、許認可放浪記にホームページを紹介する固定ページを作成し、ホームページと繋いでおしまい。

あいづ許認可相談所もチェックしてね~

 

 

やっぱりネット時代。欲しい情報はすぐに手にはいります。

ネットがない時代、いったいどのように仕事を進めていたのでしょうか?想像すると恐ろしいですね。

 

では!