雑記

久々の投稿になります。

お世話になっております。

許認可専門行政書士の大竹です。

 

久々の投稿になってしまいました。決してサボっているわけではありません。

なんと、1月にオフィシャルブログのリニューアルを考えているのです。

 

大分迷走を続けている、筍事務所のWEB戦略ですが、もうしばらく迷走を続けていくことになりそうです。

しかし、依頼の方は程よく順調で、やはり田舎町はまだまだ人と人の経済活動が根強いと実感しております。

それは、私の尊敬する事業者様もおっしゃっていました。

 

そう言う訳で、間もなく新しいホームページをリリースしたいと思います!

でが。

建設業許可・身分証明書

建設業許可の申請書類に添付する。
身分証明書をもらいに、猪苗代役場へ行ってきました。

途中で、お客さんの事務所に寄って
委任状を書いてもらって、その足で役場へ向かう。

お客さんの事務所に寄ったとき、役員の一人が、最近、引っ越したことを聞く。
そして住民票も、引っ越した先に移したそうな。

身分証明書の請求先は?

一瞬、引っ越した先。
住民票のあるところに、郵送で請求しなきゃいけないかなと思いました。

しかし、落ち着いて考えれば
んなぁーことはありましぇん。

今回、欲しいのは身分証明書です。
本籍に移動がなければ、本籍地である、猪苗代役場で請求できる。

住民票は移しても、本籍まで移すことは、なかなかあまりしません。
そのことを聞いた見たら、やっぱり本籍に移動はないとのことでした。

ヨッシャー!

身分証明書の有効期限は?

上の写真は猪苗代役場のエントランスに飾ってある。イノシシ。

猛々しいですね☆
かっちょえぇ

因みに、建設業許可を申請するとき、身分証明書は役員全員分、必要になります。
法務局からもらってくる、登記なき事項の証明書も役員全員分、必要になります。

この役員の中に監査役は含まれていません。

福島県の手引書には、有効期限が書かれていませんが、発行から3カ月以内のものしか使えません。3カ月が経過したら、取り直しになりますのでお気を付けください。

では!

最近の動向

この頃、なんか変だ。なんか変だと。感じていました。

何って、そんなまさかーと思っていましたが...

俺、今忙しいことに気づきました。

今年から、行政書士として本格的に動いてきた訳ですが、11月末から色々な案件が動き出したこと、問い合わせや相談などが増えてきていること。

夏場なんかは、超のんびりやっていて、あれくらいが丁度いいと思っていたのですが、これはこれは、更に忙しくなりそうな気配があります。

やること書きだして、見てみると。。。気持ち悪くなった(笑)

 

 

 

今日何を伝えたいかというと、努力と成果にはタイムラグがあると言う事。

起業家ならどこかで聞いたことあることですよね。

体感的にこれは、本当のことだと思う。

 

忙しいと言っていますが、まだまだ余裕がありますので、遠慮しないで電話してきてくださいねー!

けど、冷やかしはやめて下さいよー。

 

 

 

 

農地転用許可制度の概要と最近の動向について

平成29年12月8日、会津若松ワシントンホテルにて、福島県行政書士会、会津支部主催による、平成29年度第3回業務研修会が行われました。テーマは「農地転用許可制度の概要と最近の動向について」でした。

 

講師は、会津若松市農業委員会の渡部様(副主幹)が務めて下さいました。師走のお忙しいところ、誠にありがとうございました。

具体的な事例を踏まえてのお話しでしたので、とても参考になる講義を拝聴できましたこと、感謝を申し上げます。

 

講義の内容は、我々行政書士が、手続きで携わる3条、4条、5条を中心に解説していただきました。手続きに関連する条文はたった3つかと思いきや、その内容は奥が深く、複雑なものとなっていました。

 

特に、農地転用を規制している、4条、5条については、我々行政書士の見せ場となり、依頼者から相談を受けることが多くなることと考えられます。

 

それは「転用」と一言で申しても、その許可が下される基準は、「立地基準」と「一般基準」の二つの観点をもって、当該農地の現況を分析し、事案ごとに検証され、判断されることとなっているからです。

 

我々行政書士としては、この「立地基準」と「一般基準」の2つの制度設計を深く理解し、依頼者の事例ごとに、農地転用の実現性を正確に判断する必要があり、超専門的かつ、高度な知識が求められる業務であると認識させられました。

 

講義の最後の方では、流行の営農型発電設備の、最近の動向の話もしてくださいまして、大変勉強になる業務研修会となりました。

 

また今回の業務研修会では、担当行政機関の担当者から、手引きや専門書には掲載されていない、より実践的な申請のポイント等をお聞きできることだけではなく、我々行政書士同士が、業務について、意見や情報を交換できる、大切な機会だとも深く感じました。

 

実務経験が、まだまだ浅い私のようなものにとっては、とても貴重な機会だと思います。今後は更に積極的にこう言った機会を活用していき、自身の業務に活かし、依頼者のためになるように努めていきたいです。

 

行政書士会の忘年会

昨夜は行政書士会の忘年会。登録して3年ですが、初めて参加してきました。

我が会津支部では36歳の私が最年少だった。一番若いと言うのは、それだけで旨みがある。

行政書士といった同業者の皆様から、色々なお話をお聞き出来て、本当に勉強になった。

同業者といった存在は、時にライバル。時に仲間ですね~☆

では、あしからず(^^)

チラシ納品

先日チラシが届きました!

300部

今年中に配れるかな・・・(^^;

男子たるもの
いや、配ってしまわなければなるまい。

それと年賀状の準備しなきゃね。

それは、大切な、大切な、お客様台帳のお手入れを意味するのであーる。

 

秋の恵み

恩人へご挨拶に行ったら、天然なめこを頂きました。

時価にして、5,000円相当だそうな。

これは、ありがたい。早速、実家の母親に、醤油で煮込んでもらっております。

表題では、秋の恵みと書きましたが、我が、会津若松市でも積雪があり、ついに寒い寒い冬到来ですね。

雪が降ると、一段と寒いです。

 

是非、皆様も、お体など崩さぬようお気を付けくださいませ。

 

5ちゃんねる・記事削除成功☆

昨日、5ちゃんねる、削除窓口の方からメールが届きました。

数回にわたり、このブログでも話題にしてきた、5ちゃんねるの記事を削除する案件。

なんと成功いたしました。

ありがとうございます。

正直、厳しいかな・・・ と考えていたのですが。こう言った結果になって本当に良かったです。

世の中捨てたもんじゃありません!

詳しくは、また今度書きたいと思います。

 

5ちゃんねるメール削除受付でございます。

今回のご依頼ですが、削除完了いたしました。
この度はお忙しいところご連絡いただきまして、誠にありがとうございました。

5ちゃんねる掲示板 削除依頼メール窓口

 

 

 

寒い

今日の会津若松市は一段と冷え込んでおります。
週末にかけて雪が降るようです。

スタッドレスタイヤには、皆さま交換はお済でしょうか?

ちなみに、我が雪国で、雪のシーズンになって、スタッドレスタイヤに交換しない場合、我が福島県では違法とされています。

冬用タイヤ装着義務地域となっている地域では、一般的に「積雪や凍結のため滑る恐れのある道路を運転するときは、駆動輪全タイヤに鎖等を取り付けるか、全車輪に雪路用タイヤを取り付けること。(要約)」を運転手の遵守義務として規定しています。

これに違反した場合、道路交通法第120条により5万円以下の罰金及び行政処分(反則金)の対象となります。

 

 

独立して良かったと思う事

私が独立して、良いことだと思うことは、人間関係を選べると言うことだと思います。

世の人は、対人関係で困っている方が多いと思います。
もちろん、私も、その一人でした。

お気楽

アホな下世話や痴話、根拠のない噂話ばかり盛んな人。
目標も戦略もなく、リスクを取れないわりに雄弁な人。
劣等感のかたまりで、他人が靴を脱いでも履いてもケチをつける人。

善良な社会人であれば、そう言った方々と調和とらなければなりません。そして、そう言った調和を取れる人ほど、必要以上に気を使ってしまい、苦労しているようにも思えます。

ですが、独立するとそう言った対人関係は極端に減少します。

お気楽です。

ただし、これにも個人差があり、おかれている背景や性格などで変わってくるとは思います。なので、少なくとも私個人的な話です。

環境

極端な話し、顧客もこちら側で選べます。

今では、「お客」は「神様」ですと言わんばかり、「お客顔」する人はいなくなったようにも思えます。
ですが、いつの時代も、どんな場所にも、こう言った自称「お客様」はいらっしゃると思います。

お金を払うくらいで、威張り散らかして、本当にみっともないです。恥ずかしい限りです。しまいには、負けろだの、高いだの始まったりもします。

「バカなの?」と思います。

態度の悪いお客さんと、私は一緒に仕事をしないようにしております。だから、極力かかわらないように、対応に気をつけています。

ですが、勤め人であったときはそうはいきません。

自分の行いが、会社の責任になると考えると、必要以上に気を使わなければなりません。

今、思うと面倒くさい、環境で仕事をしていたなと思います。

個人事業

今、私の行いは、全て私に返ってきます。
今は、不思議と面白くないことはやらなくていいや、そう言った割り切りもできるようになりました。

嫌いな人の評判を得てまで、仕事が欲しいとは思わない。

私の代わりは沢山いるので、そちらで済ましてくださいと言えるようになりました。

その代わりに、私を信用して下さり、使って下さる依頼者のためには、「お客さん」のお役に立てるように全力で力を絞り出します。

また、それが自分の成長の糧にもなっていると実感もできるので、仕事が楽しいです。

これらの行い全てを通して、私に依頼してくださる、お客様もいらっしゃいます。そういう仕事は嬉しいです。本当に幸せだと思います。

これは、組織を背負っていない、個人だからこそできることだとも思います。

今は、とても身軽で、個人で独立して良かったなーと思うことです。