建設業許可・身分証明書

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

建設業許可の申請書類に添付する。
身分証明書をもらいに、猪苗代役場へ行ってきました。

途中で、お客さんの事務所に寄って
委任状を書いてもらって、その足で役場へ向かう。

お客さんの事務所に寄ったとき、役員の一人が、最近、引っ越したことを聞く。
そして住民票も、引っ越した先に移したそうな。

身分証明書の請求先は?

一瞬、引っ越した先。
住民票のあるところに、郵送で請求しなきゃいけないかなと思いました。

しかし、落ち着いて考えれば
んなぁーことはありましぇん。

今回、欲しいのは身分証明書です。
本籍に移動がなければ、本籍地である、猪苗代役場で請求できる。

住民票は移しても、本籍まで移すことは、なかなかあまりしません。
そのことを聞いた見たら、やっぱり本籍に移動はないとのことでした。

ヨッシャー!

身分証明書の有効期限は?

上の写真は猪苗代役場のエントランスに飾ってある。イノシシ。

猛々しいですね☆
かっちょえぇ

因みに、建設業許可を申請するとき、身分証明書は役員全員分、必要になります。
法務局からもらってくる、登記なき事項の証明書も役員全員分、必要になります。

この役員の中に監査役は含まれていません。

福島県の手引書には、有効期限が書かれていませんが、発行から3カ月以内のものしか使えません。3カ月が経過したら、取り直しになりますのでお気を付けください。

では!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。