事業用口座

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

事業を始める際、まず準備するものとして、事業用口座の開設はマストです。

そして、現代の銀行は、大きく2つに分かれております。

従来の窓口銀行と、インターネットの発達によって登場した、WEB上にあるネット銀行。

この2つの違いは、両者の強みと弱みを補っており、事業を行うのなら、どちらの口座も開設することをお勧めいたします。

窓口銀行の強味

これは、対面式であると言うところ。

我々が住んでいる、会津若松市では、現時点(平成29年11月)の段階では、インターネット社会と言われている現代においても、まだまだ対面取引が主流です。人と人の繋がりを重視する風潮が残っております。

そう言った風土の中、やはり窓口銀行を開設しておいた方がよいと考えております。

それも、中途半端な地方銀行ではなく、地場銀行の骨頂である。【信用金庫】【信用組合】で口座開設することを私はお勧めしております。

それは、こう言った地場銀行は地域密着型で、独自のコミュニティを持っているため、経営者の繋がりができたりするということ。

また何かと、相談にも親身に乗ってくれる傾向があります(担当者によりますが)。

創業時には、分からないことがたくさんあるため、チョットした相談相手がいると、本当に心強いですし、将来の借入等も視野に入れておくと、早めに顔見知りになっておいた方が良いと思います。

弱点は、インターネットがここまで発達していると、使い勝手が悪いです。

送金手数料が高い。残高を確認するために、ATMでいちいち記帳を行わななければならない。などなどと色々と使い勝手悪いです。

ネット銀行の強味

これは、窓口銀行の使い勝手の悪さの真逆にあります。

送金手数料が圧倒的に安い。

24時間、口座の入出金状況を確認できる。

また、会計ソフトにあらかじめ登録を行っておくと、ネット銀行で行った取引履歴を自動で読み取り、その後の仕分けまで自動できたりします。

弱点は、融資業務が弱い。またコミュニティなどからの人の繋がりが今のところないなどになると思います。

まとめ

店頭口座とネット銀行は、両者が良いところと、悪いところを補い合

是非、試してみて下さい。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。